脇汗の黄ばみを落とし予防する方法が超簡単すぎて困る

脇汗
脇汗

服を洗う時、脇の部分がちょっとでも黄ばんでいるのを見つけたら、

「いやぁ……嘘でしょ……」

という気持ちになってしまいます。
脇についた黄ばみを落とすために何をしたらいいのでしょう。

大作を調べていくと、簡単でよかったのですね。

 

汚れの原因は皮脂

灰色の

服が黄ばむ原因は、皮脂が生地にこびりついてしまうことです。

皮脂は毛穴の奥から分泌されて汗と一緒に流れ、
衣服につくと汚れの原因になります。

これが時間と共に酸化されて、衣服が黄ばんでしまうのです。

 

脇汗の汚れや黄ばみを落とす方法

白

汚れや黄ばみを落とす方法について述べていきます。

 

つけおきで落とす

タオルだけど

簡単な方法はつけおきした後、洗濯機で普通に洗いましょう。

まず、準備として

 

・40度に沸かしたお湯

40度から50度辺りが最適です。
皮脂は冷たい水だと落ちません。このあたりの温度が落ちやすいのです。

 

・洗面器

服をつけおきするために必要です。

 

・ゴム手袋

洗剤で手が荒れないように、
必ず手袋をはいたまま行ってください。

 

・酸素系の洗濯洗剤

これ本当ふわふわですよ

黄ばみを落とす洗剤です。
私のお勧めはシャボン玉石けんから出ている
シャボン玉石けん 酸素系漂白剤です。

アットコスメや楽天レビューで
「ほかの漂白剤と比べて綺麗に取れるし、臭いもない」
といった高評価を得ています。

※ アトピー性皮膚炎やアレルギーをお持ちのかたでしたら、
シャボン玉シリーズは石鹼シャンプーリンス含め、お勧めします。

漂白剤が手元にない場合はぜひこちらを使ってみてください。

 

黄ばみの落とし方

ここから黄ばみの落とし方をお話します。必ず順番通りにやってみてください。

  1. 洗面器に40度のお湯を入れます。
  2. ゴム手袋をはいて、洗面器に酸素系漂白剤を入れ、お湯とかき混ぜます。
  3. 黄ばみがある服を入れて、約1時間ほどつけおきします。
  4. 洗いたい服と一緒につけおきしたものを洗濯機に入れて洗います。

私はたいてい、この洗い方で黄ばみを落としています。

ただ……時々頑固な黄ばみもあって、その場合はこちらで洗います。

 

より頑固な黄ばみを落とすなら

黄色い

これは私の知り合いから教えてもらったやり方なのですが、
まず準備としてこれらを用意します。

・ゴム手袋

・40度のお湯

・「軟らかい」歯ブラシ

「硬い」や「普通」だと衣服を傷つける恐れがあります。

・酸素系漂白剤

・重層(炭酸水素ナトリウム)

 重曹は漂白剤をパワーアップさせるのに使います。

漂白剤と同じくシャボン玉から出ている重曹を使うといいでしょう。

重曹ってすごいなあ

・スチームアイロンまたはドライヤー(熱風)

使いやすいもので構いません。
スチームアイロンの方がやりやすいかな。

これで準備は終わりです。次から汚れの落とし方に入ります。

  1. ゴム手袋をはいて、酸素系漂白剤をスプーン大匙2杯、重層をスプーン大匙1杯とります。(これ以降、液体酸素漂白剤と重層を混ぜた洗剤を強力洗剤と呼びます)
  2. 洗面器に40度のお湯を満たし、その後強力洗剤を入れて軽くかき混ぜます。
  3. そこに黄ばみがついた服を入れて、大体1時間ほどつけおきします。
  4. 軟らかい歯ブラシを使って、黄ばんだ部分を軽くこすります。
  5. 黄ばんだ部分に対してドライヤーで熱風をあてるか、スチームアイロンで蒸気をあてます。(ただし、アイロンは黄ばんだところに直接当ててはいけませんよ)

洗濯機に入れて洗います。
ここは普通に洗濯洗剤を入れて洗って干してください。

こうすると、服についた黄ばみはほとんど落ちるでしょう。
(黄ばみが初めて落ちたときのうれしさといったら……)

ただ、ここで汚れが落ちてもまた服を着れば、数日で黄ばみがついてしまいます。

臭いをとるならこちらもご参照してください。

 

黄ばみを予防する

汗をだsだ内

黄ばみを予防するため、私がいつも気を付けて行っている方法があります。

 

1 脇汗パッドを使う

脇はいい

脇汗パッドを使って、脇に汗と皮脂がつかないようにします。

私がお勧めしたいのは小林製薬から出ているあせワキパットRiff(リフ)です。

これは吸収力がよく、蒸れる心配もないパッドで、
私の愛用品の一つとなっています。

コンビニで手軽に買えるので、ぜひチェックしてみてください♪

パッドを両脇につけて、汗や皮脂が服に染み込むのを抑えます。

激しい動きをすると、パッドがずれて脇汗がついちゃうこともあります。
そんな時はこちらを使ってみるといいでしょう。

 

2 おりもの用ナプキンを使う

ロリエとは違うよ

ロリエのフリーディーや小林製薬のサラサーティがあります。
お好きなものを使うといいでしょう。

こちらはとあるエステの女性社長が実際に悩んだ末に行ったやり方です。

「脇汗がとまらないし、パッドをつけてもずれちゃう。
ずれなくて、吸収力が強いものはどこかにないかしら……」

そう悩んでいたときに
「おりもの用ナプキンを使ってみてはどうだろう」
と、ひらめいたそうです。

早速つけてみたところ、
「よれない、ずれない、きちんと脇汗を吸収してくれる」
そう大喜びしていました。

そこで私も実際にやってみたところ、
脇汗パッドよりも吸収力がよくて始めはびっくりしちゃいました。

「ナプキンちゃん、すご~い」
その場で拍手したほどです。

彼女が行った脇汗漏れ対策をぜひ参考にしてみてください。

パッドについてはこちらでも詳しく書いております。
こちらを読んで、あなたにとっての脇汗パッドをお選びください。

 

3 高温多湿を避けて収納する

通気性を大切に

たとえ洗濯によって汚れを落としたとしても、
皮脂は完全に落ちきっていません。

高温多湿な状態だと皮脂がすみやかに酸化されやすくなって、
服が黄ばんでしまいます。

そこで、衣服をしまう際は除湿剤を使って、
収納場所の湿度を下げておいてください。

週に1度は収納場所を開けて、換気しておくといいでしょう。

さらに衣類の変色を避けるため、
太陽の当たる場所やストーブの近くに衣服をしまわないでください。

黄ばみの予防としては以上です。簡単にできると思われます。
なお衣服にもいろいろあって、汗を目立たせない服があるのです。

汗シミを目立たせない服としてこちら。

スポンサードリンク