寒いのに脇汗が出る仕組みと今すぐ抑えるためにすべき2つのこと

冷える女性

寒い季節になると、どういうわけか脇の下からたくさん汗を流します。

 

なぜ脇汗をかいてしまうのか、気になって調査してみました。

 

 

寒いのに脇汗が出る仕組み

冷える女性

衣服と脇の間に空気の塊があり、寒いから何とかして体を温めようと
自家発電状態になっていきます。

脇と衣服の間の空気が摩擦を起こして、
運動もしていないのに熱を持ったため、寒くても脇汗が出ます。

靴下や靴から臭いが発生する仕組みと同じです。

 

寒いときと暑いときの脇汗の違い

暑いよねえ

たいてい、脇汗は夏の方が大変だと
思われますが、実は寒いときの方こそ気を付けなければなりません。

まず暑いときは薄着なので、汗が気化されたら外に逃げていきます。
それに汗ってかいている間は基本、臭わないものです。

夏の汗は体温調節として働きます。
よってほとんど水そのものであり、サラサラで臭いも起きません。

しかし冬は厚着です。

服にこびりついた汗は衣服内にとどまってしまいます。

また、厚着によって空気を閉じ込めているから、
雑菌にとって快適な環境となってしまい、より強い臭いを発生させるのです。

 

濃い汗の正体とは

お大事に

さらに注目してほしいのが汗による違いです。

夏はよく水分を取り、冬はあまり水分をとらないから
夏より濃い汗をかいてしまいます。

それに、濃い汗は薄い汗よりも強い臭いを出して、夏よりもより臭くなっちゃいます。

この夏と冬の汗、実は大きな違いがあります。

汗は二種類あって、

  • エクリン腺
  • アポクリン腺

たいていの汗はさらさらなエクリン腺であり、汗自体に臭いはありません。

ただ、汗と一緒に流れる古い角質や皮脂を雑菌が食べた結果、
むわっとした汗の臭いを出します。

問題はもう一つの汗といわれているアポクリン腺です。

こちらは人間の栄養成分がたくさん含まれ、雑菌にとって餌となります。

粘っこい上に、乾くと発酵します。
それでもって、なかなか乾きにくい。食品で言うと納豆です。

このアポクリン腺こそが濃い汗の正体で、
これがもたらす脇汗はワキガという、酸っぱい臭いを放ちます。

 

暑いときと寒いときに共通する汗

緊張しっぱなし

これは季節に関係ないんですけれど、緊張した時、ぶわっと汗が出ます。

例えば仕事で大失敗をして、上司にこっぴどく叱られたときなど、
(あれはもう味わいたくないなあ)
気が付いたら汗が……。

私自身としてはこの時の汗が一番気持ち悪いなあ。
(彼らはいきなり出てくるので、幽霊みたいにぞっとしちゃいます(汗))

この時もアポクリン腺がどっとでるため、粘り気があって非常に臭くなります。

汗の落とし方も特殊です。簡単に落ちない汗の汚れと臭い。
落とすならぜひこちらをお読みください。

普通にやっても落ちないのです、ある道具を入れると簡単に落ちちゃいます。

 

対策:タオルと深呼吸

リラックス

一つはタオル。

これは汗を拭くのはもちろんのこと、
汗が渇いた時に湧き出る臭いを抑えるために使います。

それからタオルを首にかけて、その両端を脇で約、数十秒ほどしめます。

二つ目は深呼吸です。

まずタオルで体を拭いた後、息を吸って、数秒間息を止め、
尻と両足の親指に力を入れて、腹をひっこめるように吐きます。

この時のコツは何も考えないこと。ただ息を吸って吐くといいでしょう。

他の対策はこちらをお読みください。
臭いも含めてこちらを読めば抑えられますよ。

スポンサードリンク