はじめての脇汗パッド選びであなたにピッタリのおすすめはこれ!

パッド兎
服に貼る

脇汗を抑える対策の一つに、
汗取りパッドがあります。

脇の下に貼ることで、
汗を直接吸い取り、
服に汗ジミがつかないように抑えます。

ただ、初めてパッドを使う場合、

「どれを選んだらいいんだろう?」
「違いはあるの?」

このように
悩んでしまいませんか?

そこで今回は脇汗パッドを
販売しているメーカーを比較しながら、
違いや特徴について、
お話をしていきます♪

 

衣服に貼るタイプ

パッドのサイズ

衣服の脇の下に張るタイプで、
外出時も簡単に交換できます。

また、洋服を着る前日に
脇汗パッドを貼っておくことで、
より剥がれにくくなります。

(着ている時に使うと
服にのりが浸透していないため、
剥がれやすいんですよね)

 

Riff(小林製薬)

脇はいい

価格:
660円(20組40枚入)
420円(10組20枚入)
厚さ:1mm
色:白、モカベージュ、黒、透明

私も愛用している
脇汗パッドの一つで、
イオン抗菌で臭いを抑えるのが特徴です。

吸収力が良く、蒸れる心配が
あまりない所が気に入って使ってます♪

ただ、激しい動きをすると、
ずれてしまうこともあります。

ずれないようにする工夫として、

1 脇のしわを伸ばす
2 中心線から2cm、服の前側にずらす
3 袖に手を入れ、中に織り込む

これを行う事によって
かな~りずれずれにくくなります☆

 

ア・セーヌ

アセーヌ

価格:
790円(20組40枚入)
420円(10組20枚入)
厚さ:1mm以下
色:白、肌色

活性炭を使った消臭繊維が
臭いをしっかり押さえます。

以前は粘着力が弱く、
すぐ剥がれて不評でしたが……

改良した結果、
今は剥がれにくくなったようです。

「アセーヌを使うようになってから
汗ジミができにくくなった」

「真夏でも1日中取り換えずにすみ、
はがれにくいため助かります」

このような声も多く、
評判も上向きになっていますね。

 

アイリスオーヤマ

アイリス

価格:570円(20組40枚入)
厚さ:2mm
色:白、ベージュ

銀イオン配合で、
清潔な状態を保ちます。

パッドを折り曲げるところ
(洋服の縫い目にあたる部分)に
接着のりがついていないことから、
服を傷める心配がありません。

生地がしっかりして、
シールの粘着も申し分ない
という
声が多いみたいです。

 

繰り返し使うタイプ

繰返し用

ブラジャーの肩ひもにつけて、
汗をきちんと吸収します。

着ける際、ストラップが短い方が前、
長い方が後ろ
で、間違えないよう、
気を付けること!

 

立体汗取りパット

わきさらら

価格:2036円
厚さ:3mm
色:白

5層(防臭、抗菌、吸収、速乾、防水)
に重なったパッドによって、
50cc(飲み水ひと口の量)
の汗を吸収します。

そのため、汗シミをおこさず、
服の黄ばみを抑えることができます。
(ほかの脇汗パッドと違って厚く、
面積が広い)

洗濯すれば
何度も使うことができるため、
最低2個持っておくと良いでしょう。

ブラ紐に通すと、問題なく使うことが
できるんですけど、
留め具がすぐに割れるのが
弱点かなとも思います。

あ、後 1日中使っていると、
留め具の締め付けから
軽い痛みを感じることもあるので、
これらを頭に入れた上で
試してみるといいかなって思います。

まあでも、問題なく使えますね。

 

冷却ジェル付汗脇パッド

冷却

価格:1,850円
面積(縦×横):13cm×27cm
色:ベージュ

脇汗パッドのほかに保冷剤が
二つ付いております。

夏に使うのがいいですね♪

さらに、留め具が調節できるので、
肌を締め付けられる痛みを感じません。

ただ、レビューが少ない商品なので
そこがちょっと気になりますね^^;

 

肌に直貼りタイプ

パッド兎

使い捨てのものより手軽かつ
汗自体を抑えてくれます。
(制汗剤を塗るような感じ)

ただ、この手のタイプは
皮膚呼吸がしにくくなり、
人によってかゆみやかぶれて
しまうことがあります。

1日中ご使ってると
肌が黒ずんでしまうこともあります。

さらに粘着力が強く、剥がす時、
痛かったりするんですよね^^;

(痛くないように剥がす方法として、
パッドに対し、
泡立てた石鹸をつけた後に
徐々に剥がしていくやり方もあります)

 

サラ~リ ヌーディワキフィルム

さらさ~てぃ

価格:1980円
内容:6m(約60回分)
厚さ:0.005mm
面積(縦×横):6cm×8cm

水分を通さない透明フィルムにより、
ほとんど目立つことがありません。

(よく聞く声)

「剥がすときは痛いけれど、
貼っていることを忘れるほど、
気にならない」

 

コジット サラフィッティ

コジット

価格:1400円
内容:20枚
厚さ:0.005mm
面積(縦×横):10cm×5cm

横幅が他の脇汗パッドに比べて短く、
絆創膏を貼る感覚に近いです。

(よく聞く声)

「汗ジミ対策としてよかったけれど、
臭いはあまり期待できなかった」

「服に貼るタイプはよくずれるから
使えなかったけれど、これは気に入った。
ただ、貼っていることを時々忘れ、
かぶれたことも……」

「汗をかく量がすごいせいか、
ベロベロになって使えなかった。
ほんのり汗をかく人が使うと
抑えられるかも」

 

ワキサラシークレットフィルム

わきさら

価格:1400円
内容:20枚
厚さ:0.008mm
面積(縦×横):5cm×6cm

直貼りの中で、
一番面積が小さいパッドです。

そのため
「脇の片方に2枚貼らないと、
完全にカバーできず、漏れる」

と、小さいから2枚貼って
対応している方もおられるようです。

 

ベルメゾンの脇汗パッド

べるめぞんのわきさら

価格:
1800円(吸水タイプ)
1390円(極薄タイプ)
内容:20枚
厚さ:0.007mm
面積(縦×横):10cm×8cm

ベルメゾンネットから出ている
脇汗パッドで、吸水と極薄タイプに
分かれています。

(よく聞く声)

「朝使ったら、昼に剥がれてしまった」
(吸水タイプでこの意見が多かった)

「12時間以上つけていても、
肌がかぶれず、ごわごわしなかった」

 

 

脇汗パッドについて

・使い捨てタイプ
・何度も洗って使うタイプ
・直貼りタイプ

の3つに分けて、お話をさせていただきました。

パッドを使っていると、群れてかゆくなるかもしれません。
あせもを出してしまう恐れもあります。

こちらも併せてお読みいただき、対策をとってみてください。

スポンサードリンク