洗濯したのに汗の臭いが落ちていない時にやって欲しい3つのこと

汗の臭い-室内干し
汗の臭い-室内干し

私が一人暮らしを始めた時のことです。

汗をかいて汚れた服を洗濯機に入れて
洗った後、天気が悪かったので、
室内で洗濯物を干しました。

乾いた後、畳もうとしたら、
洗った服から雑巾のような臭いが……。

始めての一人暮らしで、
今まで洗濯機もほとんど
使ったことがなかったため、
どうして臭うのか、
理由が分かりませんでした。

「もしかして私、
洗濯の仕方を間違えたから、
服に臭いがついたのかな?

それとも今、使っている洗剤が
良くなかったのかな?」

臭いの原因を調べるために
洗濯機をクリーニングし、
洗剤も色々変えてみたものの……
汗の臭いはついたままでした。

あなたもこのような状態に
悩んではいないでしょうか。

 

洗ったのに臭いが落ちない原因

汗兎

原因は汗ではなく、
肌についている雑菌です。

その菌が皮膚から服についてしまい、
汗や皮脂を食べることによって
老廃物を出し、
それが臭いの元となります。

(汗は良い汗と悪い汗に分かれており、
それぞれ臭いに違いがあります)
参照⇒ 濃い汗の正体とは

だから、汗の臭いを落とすためには
雑菌を除去する必要があります。

 

つけおき洗いで汗の臭いを落とす

タオルだけど

まずこちらを用意します。

・酸素系漂白剤
⇒雑菌を除去して、
臭いを抑えるために使います。

私がお世話になっている
漂白剤はこちらです。
シャボン玉 酸素系漂白剤

・40度のお湯
⇒40度から50度の間が適温です。

・洗面器
⇒服をつけおきするために必要です。
洗面器のほかに、洗い桶でも構いません。

・ゴム手袋
⇒手荒れを防ぎます。

準備は以上です。
ここから汗の臭いを落とす洗い方について
お話をしていきます。

1
洗濯洗剤を使って、衣服を洗う

衣服についた皮脂や汗などの
汚れを落として、雑菌に餌を与えない
ようにします。

2
ゴム手袋をはめて、
洗面器に40度のお湯を入れ、
酸素系漂白剤を大さじ2杯入れた後、
お湯とかき混ぜる

3
服を入れて、30分から1時間
つけおきする

4
つけおきした服を取り出し、
もう一度洗濯洗剤を使って洗う

これで洗い方は終わりです。

この後、外が晴れていましたら
日光消毒をするために
外に干して服を乾かしてくださいね。

 

室内で干す時の雑菌除去対策

通気性を大切に

アイロンを使う

室内で干す際は日光消毒ができないため、
アイロンを使って、殺菌をしましょう。

洗濯表示マークをきちんとみて、
アイロンが使用できるかどうかを
必ず確認してください。

温度にも気を付けて
※ この表示が出ると、使えません。

やり方ですが、
脱水を終えたばかりの洗濯物に
アイロンをかけていきます。

除菌することが目的なので、
完全に服を乾かすまでかける必要は
ありません。

アイロンをかけた後、
ハンガーに服をかけ干します。

干す時は扇風機を当てて
風通しをよくするか、
風呂場で洗濯物を干しながら、
乾燥機のスイッチを入れて
乾かしていきましょう。

他にも衣服を収納するときはこちらを読んで、大切に保管しておいてください。

スポンサードリンク