『汗をかいた時のTシャツ』素材1つでこんなにも違うんです

シャツ
シャツ

私がTシャツを買う時は、
まずは見た目の良さで決めてます。
(普通にミーハー(笑))

「あ、このデザインいい(゚∀゚).」
と思ったものを選んでます。

でも、必ず服の内側にある
品質表示を見て試着してから
買うようにしています。

この時、品質が「綿100%」や
「ポリエステル80%、綿20%」って
色々分かれていますよね。

今、私が着ているシャツは
綿100%ですが、肌がチクチク
することもなく快適です('∀`)。

素材によって、
着心地って全く違うんです。

私のような汗っかきの人は
特に素材選びには
慎重にならないといけません。

繊維の違い一つで、
汗をかいた後の
着心地が180度違ってくるからです。

「着替えればいいだけじゃん」って
話なんですけど、外出先とかだと、
汗をかく度に着替えるのは
チョットね……って感じですよね。

そこで今回は服の素材について
お話していきます。

今後あなたがTシャツを買う際の
参考になればいいなあ~
と思います。(´∀`*))

植物繊維

綿(コットン)

綿の服

・特徴

良く使われる天然繊維で、
Tシャツや浴衣などで、
おなじみのものですね。

肌触りが良く、丈夫で吸収性も優れ、
アイロンを当てても溶けないため、
熱にも強い。

しかし、水洗いした時に縮み、
しわができやすくなります。

・汗をかいた場合

汗をきっちり吸い取ってくれますが、
乾きにくく、べたべたします。

たくさんの汗を出してしまうと、
水滴となって、シャツから地面に
こぼれ落ちることも……。

 

麻(リネン)

麻

・特徴

夏物衣料といえば、
よく麻でできた服が思い浮かぶ
でしょう。

天然繊維の中で最も吸収性が良くて、
水に強い素材となっています。

また、洗濯した際に
最も早く乾き、何度も洗うにつれて、
しっとり柔らかくなって
気持ちいい(´д`*)

しかし、シワになりやすく、
保湿があまり良くありません。

・汗をかいた場合

べとつかず、速乾なところから
涼しい気分になることができます。

ただ、汗を吸い取って、
繊維が強くなってしまうため、
ゴワゴワした肌触りになってしまいます。

 

動物繊維

絹(シルク)

絹

・特徴

蚕の繭からとった繊維で、
養蚕業として、
歴史の教科書に載っています。

光沢があることから、
最も美しい天然繊維と呼ばれ、
肌触りがよくて軽い上、
丈夫なところもあります。

綿よりも保湿と吸収性が
優れているんですよ。

ただ、洗濯すると簡単に色落ちして、
洗うたびに光沢が失われていきます。

熱にも弱く、虫にも食われやすいため、
きちんと保管しないと、
すぐボロボロに……
高貴な分、扱いにくい生地なんですね。

・汗をかいた場合

水分を吸収しながら、
熱をすぐ外に放ちますが、
汗シミもつきやすくなってしまいます。

 

羊(ウール)

羊毛

・特徴

冬物衣類の代表としてあがる羊毛。
繊維が太いため、保湿はとても高く、
水をはじきながら湿気を吸収します。

毛玉が良くできやすいのが
痛いところです。

・汗をかいた場合

素早く汗を吸収して大気に放ち、
熱を発生させるため、冷えません。
(羊毛は湿ると、かえって温度が上がる
ことから、逆境に強い繊維なのです。
@・*・@からは想像もできません(汗))

 

化学繊維

再生(レーヨン)

レーヨン

木材パルプが原料で、服以外に
カーテンの素材にも使われています。

再生繊維はレーヨンのほかにも
キュプラというものがあります。

違いはキュプラのほうが強度があって、
縮みにくくなっています。

それ以外はレーヨンと同じで、
絹に似て光沢があり、吸収性もあって、
静電気を起こしにくく、
熱にも耐える優れもの。

(絹のような光沢を出そうと、
先人が頑張って作った繊維
なんですよ(^^; )

水に濡れると強度が低下し、
大人用が子供用になってしまうほど、
服が縮んでしまうのが特徴。

・汗をかいた時

綿よりも汗を良く吸ってしまい、
水に濡れると縮む習性から
しわができやすく、
すぐに縮んでしまいます。

 

合成(ポリエステル)

ポリエステル

・特徴

石油が原料となった繊維で、
ポリエステルのほかに
ナイロンやポリウレタンがあります。

ポリエステルを基準に違いを見ると、
ナイロンは非常に弾力があり、
ポリウレタンは伸縮性が強い。

それ以外は共通で、
シワになりにくく、型崩れも起こさず、
乾きが早くて、とても丈夫。

デメリットは、
繊維の中では最も静電気が起きやすく、
汚れや臭いが落ちにくくなっています。

・汗をかいた時

すぐ乾くところから、べたつく心配は
ほとんどありません。

 

混合繊維

スポーツ用

綿100%といった形で、
一つの繊維しか使わないシャツもあれば、
吸水速乾Tシャツのように
ポリエステル85%、
綿15%といった形で、
それぞれの繊維を混合した生地も
あります。

混ざることで、お互いの長所を引き出し、
短所を補うことができます。

吸水速乾Tシャツを例に出すと、
ポリエステルの良さである
すぐ乾くところがありながら、
綿の良さとして汗をすぐに吸い取り、
べたつきを感じさせません。

しかし、その長所が新しい短所を
産み出すことにもなります。

肌触りが綿100%と比べると、
あまり良くないところがあり、
肌の弱い人がこのシャツを着ると、
化学繊維によって過敏に反応し、
かゆみを引き起こすこともあります。

 

 

植物
・綿(コットン)
・麻(リネン)

動物
・絹(シルク)
・羊(ウール)

合成
・再生(レーヨンなど)
・合成(ポリエステルなど)

混合

以上、汗をかいた時における
素材についてお話しました。

あなたがTシャツを選ぶ際の
参考材料にすると良いでしょう。

スポンサードリンク