脇の下のかゆみを抑え方が自宅で気軽にできた件

夏がくるとね
夏がくるとね

今回は自宅でできる
脇の下のかゆみの対策方法についてお話していきまね。

 

塗り薬を使う

汗疹薬

脇の下がかゆくなってツメで引っ掻いてしまうと、肌を傷つけてしまいます。

それを避けるために薬を塗って炎症を抑えます。

私が愛用しているのは刺激がなく、
ステロイドが含まれていない新レスタミンコーワ軟膏です

メントールが入っていないっていうのもポイント。

炎症を抑える塗り薬の中には
このメントールが入っているものもあり、
肌につけると、さわやかな感じがして、一見気持ちがいいんですよね。

ただ、引っ掻いた部分にこの成分を塗ってしまうと、
肌に悪い刺激を与えて、かえって悪化してしまう恐れがあります。

ですので、塗り薬を選ぶ際は、
この成分が入っていないっていうのを必ず確認してください。

 

保湿クリームを塗る

保湿

もうかゆみの敵といえば
「乾燥」

この言葉を聞くだけで
「なんでそんなに
私を困らせるの?(`´)」
って言いたくなります。

まあ言った所で潤ってくれるほど
優しかったら苦労はしないので、
保湿クリームで対策をします…

汗を抑えつつ保湿してくれて
「おおお、なかなか役に立つじゃん」
って私がいつも褒めてあげてる(笑)
クリームは、

HLJから出ているラポマインです。

制汗剤と保湿

保湿成分が高く、乾燥肌を防いでくれます。
(当たり前か、保湿クリームなんだから(笑))

特に、無香料でサラサラしてるのが
気にいって使ってます。

大手化粧レビューサイトの
アットコスメや、公式サイトでは、

「元々肌が弱いので、
少々値段が高かったものの、
安心して買うことができました。
伸びが良く、持続性が良かったです」

こういう感想が多いですね。
(これらは口コミの一部です。
参考程度に留めておいてくださいね)

私の場合は香料の匂いがないのと
サラサラ感が気にいって使ってたんですけど、
多くの人は、持続力を評価してるみたいです。

なので、無香料、サラサラ感、
持続力の3点が
優れているっていうことになります。
(結構すごいな(*^_^*))

 

洗濯洗剤を変える

洗う

かゆみが治まらなかったため、
東洋医学専門の皮膚科で診てもらい、
そこのお医者さんから
洗濯洗剤を変えるように
言われた知人がいます。

その人は、
それまで合成洗剤を使って、
服を洗っていたのですが、
天然の粉石けんに変えたところ、
2週間ほどで、湿疹がおさまりました。

(その後、合成洗剤に戻したら
またかゆみがぶりかえしたそうです)

知人が医者から勧められた石鹸は
粉石けんです。

シャボン玉

皮膚に悪い
化学成分が入っていないので、
かぶれることなく、
肌に優しい洗剤です。

ただ、合成洗剤に比べると
下洗いが多く、手間がかかるのが
私のように面倒くさがり屋な
人にとってはかなり
デメリットかもです(+_+)

それでも、
背に腹は代えられないので、
もしあなたが使っている洗剤が
合成洗剤の場合、一度粉石けんに
変えてみてもいいかなと思います。

洗濯のやり方をかえると、かゆみだけにとどまらず、
臭い落としや汗シミ落としにも有効です。

ぜひこちらを読んで、洗濯をしてみてください。

 

まとめ

・塗り薬を使う
・保湿クリームを塗る
・洗濯洗剤を変える

以上、脇の下がかゆくった時、
病院に行かずに抑える方法についてお話しました。

脇の下は特殊な事情があって、かゆみを起こしやすいのです。
原因を知れば、かゆみを抑える発想も働きます。

今すぐこちらを読んで原因を知りましょう。

スポンサードリンク